Projection Mapping


PROJECTION MAPPING

プロジェクションマッピング

 

プロジェクションマッピングとは?

 

 プロジェクションマッピングとは、実物<リアル>と映像<バーチャル>をシンクロさせる映像手法で、その両者の融合が生み出す魅力的な世界観はいま世界中で注目を集めています。

 映像やコンピュータグラフィック等をスクリーンのような平面に単純投映するのではなく、建築や家具などの立体物、または凹凸のある面にプロジェクター等で投映します。その際、映像等の素材にはスクリーンとなる対象と同じ立体情報や表面情報を持たせ、投射の際にぴたりと重なり合うようにします。すると、その映像の動きや変化で、対象物が動いたり、変形したり、または自ら光を放つ様に感じさせる幻想的で、錯視的な映像表現でもあります。

実施概要


 建築物やその他屋外での実施には業務用の高輝度プロジェクターが必要になります。(屋内で実施する場合はその限りではありません)

 投影範囲が広いと2台以上プロジェクターが必要になることもあります。

 既存の建物に手を加えずに、更なる環境の可能性、デザイン性を高めます。プロジェクターと再生する機材(PC,メディアサーバー)
今後もプロモーションや集客施策として活用されていくことが見込まれます。

活用シーン

  • ・展示会ブース
  • ・商業施設内イベント
  • ・オフィスエントランス
  • ・新作商品・サービスの発表イベント
  • ・大型建物に投影する屋外イベント

概算費用

規模 企画・コンテンツ制作 機材レンタル
(プロジェクター・PC・ソフト)
概算合計
小規模
(プロジェクター1台)
100万~150万円 50万円 150万円
小規模
(プロジェクター2台)
100万~150万円 150万円 300万円
中規模 200万~400万円 150万円 500万円
大規模
(屋内)
400万~600万円 300万円 700万円
大規模
(屋外)
500万~1000万円 800万円 1500万円

お問い合わせ

こちらからお問い合わせお願い致します。
http://www.active-d.com/cs/contact/

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!